更新中。
2021年02月07日

ネタの決め方

YouTubeでの再生数が10万,20万いってる動画があるか?

ゲームは人気だけど、なぜかYouTubeの再生数が良くて6万~9万...
なんてことがしばしば発生します。
これは視聴者目線で見ても、ゲームとしての価値は高いけど、ゲーム動画としての価値は低いということになります。
毎日投稿系の動画チャンネルなら数の勝負で無問題ですが、私たちAnTytleチームが2週間かけて作る動画ではないですね。

中長期的なシリーズ確立をイメージできているか?

行き当たりばったりで、今回はパチモノ、次はインディーズ、次はゲーム紹介...
これでは統一性がなく、視聴者も離れていってしまいます。

AnTytleの視聴者に楽しんでもらうには、中長期的に確立したいシリーズをイメージしましょう。
すでにAnTytleチャンネルで確立されている中であれば、毎回違うシリーズの動画を作っても問題ないですね。
・メジャーゲーム小ネタ
・メジャーゲームバグ
・レースゲーム
・クソゲー
これらの中であれば自由に行き来しても、AnTytleチャンネル全体としての統一性は保たれます。

新しい企画は作っちゃダメなのか?

もちろんそんなことはないです。
視聴者目線に立ち、中長期的なシリーズ化を意識するのが重要ですね。
例えば原神というゲームは、日本で人気ですが、なぜかYouTube動画の再生数はとても低いです。
原神単体の動画をいきなり出しても、現在のAnTytleでは3~4万再生で止まってしまう可能性が高いです。

原神単体で10万再生の可能性を見出すには、まずAnTytleのキャラゲー視聴者を増やすことが先決です。
最近ではアズレンの反応が大きいという発見がありましたが、
・アズレン
・アイマス
・キャラゲーのクソゲー企画
この辺りから10万再生動画をコツコツ積み上げていき、初動で5~6万を超えるようになってきたら、原神やマイナーキャラゲーへの道が開かれていくと思います。

レースゲームがいい例ですね!
この段取りはとても面白そうですが、やってみませんか!

執筆者Writer

AnTytle

2014年頃にAnTytleを設立。当初はプログラミング記事を書いていたが、2016年にYouTubeチャンネルのゲーム動画がヒットし、以来ゲーム分野にピボットした。