更新中。
2020年04月11日

余白の取り方

視聴者にとって見やすいデザインを作るためには、余白を取ることが重要です。これはデザイン性の高い映像を作るために必須のスキルとなります。

上下同士、左右同士の余白を均等にする

上と下、あるいは右と左の余白は、それぞれ均等になるようにとりましょう。これを意識できるようになると映像編集はおろか、ウェブデザインや広告、チラシ、本.....デザインが関わる全ての業界において品質の高いものを作れるようになります。

悪い例。テキストの上下左右の余白がすべてバラバラで、1行目と2行目のテキストも離れすぎている。これはいくつもの修正が必要だ。
上下の余白が均等でないため、ちょうど中央になるように下にずらず。
今度は左右の余白だ。キムタクからの距離と、右端からの距離を均等になるように微調整しよう。

テキストは左揃え、中央揃え、右揃えを意識する

例えば左揃えにするならば、1行目と2行目を1px単位で微調整し、きっちり左揃えになるように意識すること。
中央揃えにするときは、横幅が大きい方を基準に、左右の余白を1px単位で微調整すること。
完成形。上下左右の余白を均等にとることで、見やすいサムネイルを作ることができる。これはデザインに関係するすべての業界で必須となるスキルだ。

執筆者Writer

AnTytle

2014年頃にAnTytleを設立。当初はプログラミング記事を書いていたが、2016年にYouTubeチャンネルのゲーム動画がヒットし、以来ゲーム分野にピボットした。