更新中。
2020年01月25日

視聴者がゆったり見やすい動画にするために、編集者ができること

【重要】映像の情報量を少なくする

映像の情報はなるべくシンプルに、1シーンにつき1つだけ伝えたい部分を表示してみましょう。それだけで変わります!

YouTubeページ全体が映っていて、他の文字やUIでごちゃついてしまっている。
このように映像部分だけを拡大してシンプルな構成にすると良い。

テキストは2行以内に収める

テロップはあくまで映像の補助的な役割です。なのでテロップで細かなことまで伝える必要はありません。最も伝えたいことを簡潔に一つ書くだけで十分なのです。細かいところはなるべく省き、文章を極力短くしてみましょう。文章を短くまとめる技術は、とても難しいですが、テレビ番組が一番参考になるかと思います。バラエティやニュース番組では、話し手の内容を、すごく簡潔にテロップでまとめられています。

テロップで細かなことまで伝えようとしてしまい、かえって視聴者の見やすさを損ねてしまう。
ここまでシンプルにできればベスト。1テロップにつき読点(、)を意識して文章を考えると良いものに仕上がる。
ヒーローの種類と、被ってしまうことを一度に伝えようとして、かえって見難くなってしまう。
このようにシンプルにまとめ、被ってしまうことは次のテロップに持ち越すと良い。

執筆者Writer

AnTytle

2014年頃にAnTytleを設立。当初はプログラミング記事を書いていたが、2016年にYouTubeチャンネルのゲーム動画がヒットし、以来ゲーム分野にピボットした。