更新中。
2019年12月26日

イラストの作り方 サムネ編

手順

①ネタの雰囲気に合うイラストをイメージする
②イラストを書く
③フィードバックや修正を重ねる
④完成

①キャライラストをイメージする

イラストとはサムネでなくキャラクターを指します (上記画像参考)
頭の中でネタに合うイラストをイメージしましょう。先にタイトルを決めることでイメージしやすくなります。

例:美味しそうなゲーム料理集=食べ物を食べてる、食べ物を食べようとしている、食べ物が置いてある、食べ物を想像してお腹空かせている

次にイラストに合ったゲームキャラを決めます。
イラストに使用するキャラはなるべく関連性のあるものを選びましょう。
マリオ作品を紹介しているならマリオをイラストに使ったり、動画で登場してないヨッシーを使うのもありです。
動画内で紹介してない作品のキャラを使うとサムネ詐欺になってしまうので注意が必要です。

今回は「ヨッシーが食べ物を食べたそうにしている(よだれ垂らす、肉持ってる、美味そうな肉)」をイラスト化する流れで進めます。

②イラストを書く

早速イメージをイラストで具現化しましょう!と言ってもどうしたら良いのか・・・。
イラストを1から描くのは難しいので、参考画像を用意します。
胴体や腕や小物など、必要な分用意しましょう。

パーツごとにレイヤーを分けると修正しやすいのでおすすめです。

参考画像を下書きにして描くことをトレスと言います。
トレス行為はマナー違反とされてるため、パーツごとに参考画像を用意して自身で描きましょう。

①胴体に使う
②手に使う
③手に持つお肉に使う
④よだれに使う

①胴体に使う

インパクトが出るよう上半身を大きく描くのがポイントです。
テキストを入れることも考慮して、画面半分以内に収めるのが無難です。

画像を参考にヨッシーを描きました。
食べ物を見て目を輝かせ、ほっぺの膨らみで食欲を我慢している表情にしました。
脳内イメージをもとに口元や目など細かな部分はオリジナルで描きましょう。

②手に使う

今回は肉を持ってる姿を表現したかったので、手で持つ位置に肉を配置しました。
即興なので手抜きですが、本来はお肉の形や色合いにこだわり視聴者のお腹を空かせるように描くことが大事です。

お肉に透明化した煙を付けることで、美味しさを表現してます。

③手に持つお肉に使う

ヨッシーの手です。
真っ直ぐだと不自然なので関節曲げてリアルに表現します。

④よだれに使う

よだれです。
よだれや涙、汗など使うことでキャラの感情を表現することができます。
アニメのワンシーンを参考にすると良いかもしれません。

執筆者Writer

リンク