更新中。
2018年12月05日

色彩【重要】

色彩をテクニカルに使うにはある程度の勉強が必要です。またセンスの領域でもあるので、ここでは手っ取り早くセンスある色彩に仕上げる方法を書いていきます。

パッケージに使われている色だけを使ってみる

ゲームパッケージに使われている背景色やフォントは、まさにそのゲームの雰囲気を表しています。なのでそのゲームパッケージの色だけを組み合わせて背景やら文字をデザインしてみてください。一気にセンスのあるものが出来上がります。

「ゲームタイトル package」などと検索すれば出てくると思います。

ゲームタイトルを画像検索する

ゲームタイトルを画像検索してみてください。大まかにどんな色が使われているのか、パッと頭に入ってくると思います。それらの色をコピーしてデザインしてみてください。一瞬でセンスのあるものに仕上がります。

「ムジュラの仮面」では、紫や緑が目立つのでこれらの色彩を使用すると良い

独自のデザインを一旦やめてみる

自分の頭の中だけで考えた色彩デザインは、そのゲームの雰囲気を壊してしまうことが往々にしてあります。
なので最初は、ゲームパッケージやゲーム内のデザインを真似してみてください。
自分で考えた変な線やグラデーションは、一旦取っ払ってみてください。
これだけでグンと動画の品質が高まります。

例: MOTHER2の動画に右上のテロップは世界観を崩している
改善例: MOTHER2のフォントデザインに合わせると高品質な編集になる
改善例のAviUtlの編集画面

執筆者Writer

AnTytle

2014年頃にAnTytleを設立。当初はプログラミング記事を書いていたが、2016年にYouTubeチャンネルのゲーム動画がヒットし、以来ゲーム分野にピボットした。